中国がネット広告“爆買い”で国際世論を操作、コロナ後の覇権狙う:日経ビジネス電子版
 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に合わせて、中国国営メディアがネットを通じ国際社会に対する世論工作を仕掛けている。SNS(交流サイト)に載せる広告と投稿の件数は普段の3倍に達した。「新型コロナを発生させた国」という負のイメージを、「感染の封じ込めに成功した国」に逆転させるのが目的だ。西側諸国より統治システムが優越していると訴え、「アフター・コロナ」の覇権を狙う。背後で操っているのは中国共産党だ。トランプ米大統領による中国批判を抑え込むべく、国際世論への働きかけを強める。
習氏の功績を宣伝



引用元:中国がネット広告“爆買い”で国際世論を操作、コロナ後の覇権狙う:日経ビジネス電子版
///..中国がネット広告“爆買い”で国際世論を操作..///記事全文はこちらから