メモ帳~news pick up~

気になったニュースや事柄をメモ。個人的な備忘録。

漫画

▲大筋合意に達したTPP=環太平洋パートナーシップ協定で、著作権の保護を巡り、告訴がなくても起訴できるようにする「非親告罪」が盛り込まれたことを受けて、超党派の議員連盟が会合を開き、協定の発効に向けた国内法の整備で、アニメや漫画などの創作活動の制限につながらないよう求める意見が相次ぎました。
大筋合意に達したTPP=環太平洋パートナーシップ協定では、著作権侵害があった場合に、原則、作者などの告訴がなくても起訴できるようにする「非親告罪」の規定が盛り込まれ、協定が発効すれば新たなルールが導入されることになります。
これを受けて、漫画やアニメなどの創作活動を支援する超党派の議員連盟が会合を開き、政府の担当者や漫画家などが出席しました。
この中で、政府対策本部の渋谷審議官は「権利者の売り上げに何の影響もないものは『非親告罪』の対象外にしてよいだろうというのが基本的な考え方だ」と説明し、「非親告罪」の適用は原則として被害者の収益に影響を与える場合になるとして理解を求めました。
これに対し、漫画家で日本漫画家協会の理事を務める赤松健さんは「漫画家は、人気漫画のパロディーを書いて力をつけたのち、プロとしてデビューすることが多くなっている。こうした道が閉ざされると悪影響がある」と懸念を示しました。
さらに、ほかの出席者からも「『非親告罪』の適用は海賊版対策に限定すべきだ」などと、国内法の整備で創作活動の制限につながらないよう求める意見が相次ぎました。
引用元:“著作権侵害が非親告罪に“創作活動で意見相次ぐ NHKニュース


▲今回発表された大筋合意の内容には、著作権侵害について、「故意による商業的規模の著作物の違法な複製等を非親告罪とする。ただし、市場における原著作物等の収益性に大きな影響を与えない場合はこの限りではない。」とされています。

 まず、著作権侵害が非親告罪となるのは、「故意による」場合に限られます。「偶然似てしまった」「権利者の承諾を得ていると勘違いしていた」など過失による場合は非親告罪の対象となりません(なお、このような場合、そもそも犯罪に当たらないことがほとんどです)。

 また、非親告罪にあたるためには「商業的規模の複製等」であることが必要とされており、かつ、「市場における原著作物等の収益性に大きな影響を与えない場合」には非親告罪とならないとされています。
引用元:TPPの知的財産分野 著作権侵害の非親告罪化への動向  WEDGE Infinity(ウェッジ)


日本の著作権法における非親告罪化 - Wikipedia
このエントリーをはてなブックマークに追加

▲講談社は5月29日(金)から、マンガ家・手塚治虫さんの作品全集「手塚治虫文庫全集」の電子書籍版を配信開始しました。全400巻で発売された「手塚治虫漫画全集」を、全200巻の文庫サイズにしたもの。
Amazon.co.jpやBookLive!など、各電子書籍ストアから購入できます。価格はタイトルによって異なります。
電子書籍版は初めから全巻が配信されず、毎月約20巻が10ヶ月にわたって配信されるので、集める楽しさもあります。最初に配信されたのは「ブラック・ジャック」「リボンの騎士」「どろろ」など、以下の8作品です。

「ブラック・ジャック」全12巻
「リボンの騎士」全2巻
「どろろ」全2巻
「ロストワールド メトロポリス」全1巻
「来るべき世界 ファウスト」全1巻
「アトムキャット」全1巻
「アトム今昔物語」全1巻
「新宝島」全1巻
d1719-653-369692-0

手塚プロダクションの代表取締役社長・松谷孝征さんは、紙で全集をそろえようとしても「場所がない等の様々な事情で、購入に踏み切れない方がいる」と指摘。電子書籍版の配信については「手塚治虫と馴染みのなかった若い人たちも含め、より多くの人達が、手塚治虫の作品に親しんで頂ける機会を増やす事になれば」とコメントしています。
引用元:手塚治虫の作品全集「手塚治虫文庫全集」全200巻がついに電子書籍化 - はてなニュース


▲デジタル版「手塚治虫文庫全集」配信に寄せて・・・

紙で全集を揃えた時の存在感、満足感は、何物にも代えがたいものでありますが、場所がない等の様々な事情で、購入に踏み切れない方がいることが想定されます。
その様な状況の中、現在端末も普及し、回線状況も整った今、読者の選択肢の一つとして、電子版の全集を配信し、手塚治虫と馴染みのなかった若い人たちも含め、より多くの人達が、手塚治虫の作品に親しんで頂ける機会を増やす事になればよいと思っております。
手塚治虫は、当時、雑誌掲載の為に創作した作品たちですから、配信をきっかけとして、出来れば紙の本にも目を向けて頂ければ幸いです。

手塚プロダクション 代表取締役社長 松谷孝征
引用元:デジタル版「手塚治虫文庫全集」全200巻講談社から配信開始|株式会社講談社のプレスリリース









https://plus.google.com/106525010468236934322/posts/GKFKPePu7di">
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ