▲2012年5月以来、およそ3年半にわたって途絶えてきた日本、中国、韓国の3か国の首脳会議が、ソウルにある大統領府の迎賓館で、1日午後、開かれます。会議には安倍総理大臣、中国の李克強首相、韓国のパク・クネ(朴槿恵)大統領が出席し、夕方には会議の成果を盛り込んだ共同宣言を発表する予定となっています。
K10010290861_1511011317_1511011319_01_03

事前の調整で、共同宣言には歴史を直視するという精神の下、未来志向で協力的なパートナーシップを強化していくことや、北朝鮮情勢を巡って、朝鮮半島の緊張を高めるあらゆる行為に反対するとともに、北朝鮮に対し核開発を放棄し、非核化を進めるための協議に復帰するよう求めることも明記される方向です。
安倍総理大臣は、3か国によるFTA=自由貿易協定の締結に向けた交渉の加速など、経済、環境、防災など、幅広い分野での協力を強化することや、首脳会議を定期的に開催し、来年、日本で開くことなどを確認したい考えで、日本と中国、韓国との関係改善の方向性が明確になるかが焦点です。
また、会議のあと、安倍総理大臣は李首相との日中首脳会談に、2日午前にはパク大統領との日韓首脳会談に臨むことにしています。韓国との首脳会談は3年半ぶりで、パク大統領がおととし2月に就任して初めてとなります。
引用元:まもなく日中韓首脳会議 関係改善焦点に NHKニュース


▲中国の李克強首相は31日にソウルを訪れ、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領と会談した。中韓間で政治、経済分野などでの交流と協力を強化することで一致したほか、北東アジア情勢についても意見を交換した。1日に開かれる日中韓3カ国首脳会談を前に、中韓の首脳だけで事前に打ち合わせた形だ。
wor1510310071-n1


 中国国営中央テレビ(CCTV)などによると、朴大統領は冒頭で「今回の3カ国首脳会談の実現に向けた李首相の協力に謝意を表明した。これに対し、李首相は「中日韓の自由貿易協定(FTA)を推進したい」と述べたうえ、北朝鮮の核開発問題について、「中国は朝鮮半島の非核化を堅持し推進したい」とも強調した。

 李首相は、中国の習近平政権が推進する現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」についても、朴大統領に協力を呼び掛けたという。

 また、韓国で環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への「参加論」が高まっているが、中国は自国の孤立を避けるため、韓国の参加を阻止したい思惑があるとされる。会談で、李首相は投資拡大や経済交流強化などを約束し、TPPに参加しないように朴大統領を牽制(けんせい)したとみられる。

 李首相は今回の訪韓で、歴史問題で対日共闘を韓国に呼び掛けることも主な目的といわれる。中国外務省関係者によると、1日に行われる日中首脳会談で、李首相は安倍晋三首相に対し「日本の歴史認識問題をただす主張」を行うという。

 一方、安倍首相は中国の南シナ海での人工島建設問題を取り上げるといわれている。これに対し、中国の王毅外相は31日、ソウル市内で記者団に「日本は南シナ海と何の関係があるのか」と不快感を表明した。

 韓国メディアによれば、李首相と朴大統領の会談で、南シナ海問題に触れなかったという。
引用元:【中韓首脳会談】李克強氏「日中韓FTA推進したい」が、安倍氏には「歴史ただす」 朝鮮半島「非核化」堅持も - 産経ニュース

▲中国の李克強(リー・カーチアン)首相は31日、韓国を公式訪問した。5年ぶりとなる中国首相の訪問を韓国側は最高級の格式で遇している。韓国政府高官が空港で出迎え、レッドカーペットの両脇には儀仗兵が整列した。また歓待の公式晩餐会も開催されたほか、経済界や学生との交流も予定されている。

日本の安倍晋三首相も翌日(11月1日)に韓国を訪問するが、その待遇は李首相とは天と地の差だと韓国メディアは分析している。歓迎の昼食会も開催されず、韓国国民と対話する機会も与えられていない。
引用元:韓国・朴大統領は中国首相を熱烈歓迎、安倍首相には冷淡な対...:レコードチャイナ